栗の木の床材

ホーム  »  栗の木の床材

Kuriの床材

               

                       栗<チェストナット>の魅力

                  深まる美しさ、心地よい足触り。
                  耐久性にも優れる木材
   
     
    風合い                耐久性
しっとりとした光沢を生み出し、         耐久性に優れ、高温多湿に強い
時とともに風合いは深みを増していきます。    性質を持っています。
 
    安心
木の樹脂成分が虫や菌を寄せつけないので
耐腐朽性に優れています。


       
  タイプ
  UNIタイプ:フィンガージョイントで縦につないだフローリング

  標準塗装
 UVウレタン塗装

 サイズ:長さ1820mmx 90mm巾x15mm厚

 クリの床材は普段カタくて面白味があり、自然の風合いを楽しむことができます。なおかつ時間が経つと床の1枚1枚が反り返り、歩き心地(足サワリ)がいいです。ただ、そのかわり少しずつですが床のジョイントが徐々に開いてきます。(梅雨の時期にあいたところが幾らかもどります)。やはり自然の物なので動いているのですね。テンネンの木が好きな方はどうぞご検討を!!

 Kuriの階段

  

無垢栗の踏板です。
現在の住宅では、階段材に無垢一枚板を使うことはほとんどなく、さらに広葉樹材となればなおさらです。踏み板に60×250×1800を23枚用意しました。この材がたまたまあったからいいようなものの、あらためて探したらとんでもない金額になってしまうと思います(本当なところ、そんなにお金はかからないです)。こういった御要望の場合、予算と時間が必要だということを今までより強く感じました。予算は気になるところですが、長い間住む家ですので、本当に気に入った木を毎日見ながら過ごす贅沢もいいものかもしれません。施工事例の心安らぐ無垢の家を参照されたい
ページの先頭へ